デュタボルブ 通販ノワール

デュタステリド(デュタボルブ)0.5mg

デュタボルブは、有効成分であるデュタステリドを含有するアボルブのジェネリック医薬品です。デュタステリドは、日本国内で承認されているザガーロカプセル・アボルブカプセルと同一の有効成分です。 デュタボルブは、男性ホルモンの働きを抑えて、肥大した前立腺を小さくし、尿の排泄を促したり、頻尿、残尿感などの症状を改善したりする薬です。また、男性型脱毛症(AGA)にも効果を発揮します。 デュタボルブに含有されている有効成分・デュタステリドは、テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン)に変換する酵素である5α還元酵素の働きを抑えることにより、血中や前立腺組織中のDHTの濃度を低下させます。肥大した前立腺を小さくし、尿の排泄を促したり、頻尿、残尿感などの症状を改善したりします。男性型脱毛症(AGA)の発現にはDHTが関与していると考えられているため、デュタステリドは男性型脱毛症(AGA)の治療にも有効です。

デュタステリド(デュタボルブ)効果

前立腺肥大症 男性における男性型脱毛症

デュタステリド(デュタボルブ)用法

前立腺肥大症
通常、成人にはデュタステリドとして1回0.5mg(1カプセル)を1日1回経口投与する。
男性における男性型脱毛症
男性成人には、通常、デュタステリドとして0.1mg(0.2カプセル)を1日1回経口投与する。なお、必要に応じて0.5mg(1カプセル)を1日1回経口投与する。

デュタステリド(デュタボルブ) お薬コラム
デュタステリド(デュタボルブ)0.5mg 38歳を過ぎたあたりからつむじまわりと両サイド生え際の後退が気になり始めたのでリアップを使用するも、43歳になった頃にはいわゆる「ハゲ」の括りに突入するのも時間の問題だという状態になってしまったので、既に成功体験済みの友人からの情報を参考に、フィンペシア1mg×ミノキシジル5mgの組み合わせを2015年3月から服用し始めました。 服用開始後、やはり避けては通れぬ恐怖の初期脱毛が訪れましたが、4ヶ月を経過してきたあたりから完全に砂漠化していたM字ハゲエリアに産毛がビッシリ出現し始め、全体的にもハリやコシも徐々に蘇ってきて、周囲からも「髪増えたよね?なんかしたでしょ?」と勘繰られるまでになりました。 勿論、服用を止めるとハゲ一直線に舞い戻ってしまうと聞いておりましたので、丸々3年間、用量を変えずにこのダブル処方を続けておりましたが、「今ならどちらか一方の服用を止めても特に問題ないんじゃないか?」という思いが頭ををもたげるようになり、実際今の自分に効果を発揮しているのはどちらの薬なのか?もしくはどちらも効果があって永遠にダブル処方を継続しなければダメなのか?を検証したくなったのです。 今思えば、頭髪がすっかり元通りに蘇ったことによる油断や慢心だったと思います・・・ まずは、今年の1月くらいからミノタブの服用を止めてフィンペシアのみにしてみましたが、3ヶ月経過しても頭髪環境に特別な変化はありませんでした。 「ん?実はもうミノタブは必要なくて、フィンぺのみで良いのか~?」という思いを抱きつつ、一応逆の検証もするために4月からミノタブのみの服用にしてみたところ、6月に入ったあたりから何となく髪にハリが無くなってきて、だんだん鏡に映る頭髪から地肌が透けて見えるようになってきてしまったのです!! 慌てて7月からフィンぺの服用を再開し、以前のようなダブル処方に戻しましたが、頭髪の密度低下は止まるどころか更に勢いを増し、8月頃には洗髪のたびにゴッソリと抜け毛を実感するにまでになってしまいました。 今更ながら、余裕ぶっこいてダブル処方を止めてしまった事を大後悔し、軽いパニック状態に陥りながら、何かこの状況を食い止める手立てがないのか「ミノタブ フィンぺ 効かなくなる」などの複数ワード検索で色々調べてみた結果、身体に「耐性」が生まれてしまい、今までと同等の効果が得られなくなってしまう症例があることが分かりました。(ただし医学的にミノキシジルやフィンペシアに耐性が生まれるとはっきりとは証明されていない模様) 復活してしまった薄毛の原因が、3年間ミノタブ&フィンぺを使用し続けたことによる「耐性」だと仮定した場合、その対策として、フィンペシアと同じような効能を持ち、むしろ上回る効能を発揮すると言われている「ザガーロ(主成分:デュタステリド)」への切り替えを勧めているサイトに辿り着きました。 この薬は2015年に認可され、第2のAGA治療薬として注目されているとのことで、早速オオサカ堂でも取り扱っているか調べたところ、既に同じような悩みを抱えた人たちがこの薬を飲み、頭髪の復活に成功していることを知りました。 ということで、前置きが大変長くなってしまいましたが(苦笑)、以上のような経緯でディタステリドと出会い、9月から0.5mgを就寝前に1錠服用と同時に、念には念を入れて新発売した「スカルプDメディカルミノキ5」を購入し、以前とは違う方法での新ダブル処方を開始しました。 するとどうでしょう! 2週間を経過してきたあたりから、抜け毛が面白いように減ってきて、3週間を過ぎたあたりから生え際に新たな毛髪がビッシリと復活し始めたのです!! 現在、新ダブル処方を開始してやがて3ヶ月を過ぎようとしてますが、すっかり頭髪は元に戻ったどころか、むしろ旧ダブル処方時のピーク時を超えるまでになっております。 なお、恐らくですが、頭髪が元に戻った要因はほぼデュタステリドの効能で、スカルプDミノキ5の効果はほんの少しだと推測しております。 実際は朝晩2回頭皮に塗る必要があるのですが、2ヶ月目以降からは夜1回のみの使用に抑えており、3ヶ月経過を迎えた現在でも毛量に異常は見られませんので、そろそろスカルプミノキの使用を完全に止めてみようと思っております。(高いし) もちろん、以前の失敗もあるので(苦笑)止め時については慎重に決めたいと思いますが・・・ ちなみに、デュタステリドで謳われている主な副作用「性欲減退」「ED(勃起不全)」「精液量減少」については、多少の性欲減退は感じるものの、それは旧ダブル処方の時でも実感していましたし、新ダブル処方に変えてから酷くなった訳でもなく、副作用で困っていることは特にありません。 以上、長文となってしまい大変恐縮ですが、現在同じような悩みを抱えている方たちの参考になれば幸いです。 デュタステリド(デュタボルブ)0.5mg かなりお勧めです。プロペシアより断然効き目がいいです。前頭部・頭頂部・両方に効き目があって本当に感激しました。ミノタブと併用すると最強だと思います。リピーター間違いなしです。 62人が参考になったと回答しています。参考になった 52017-04-03 77seven デュタステリド(デュタボルブ)0.5mg フィンペシアを昨年11月から3カ月愛用しました。 生え際からの発毛が確認され、十分な手ごたえは感じました。本品は、更に効きが良いとの情報から、2月より替えました。抜け毛は、ほとんどなく、密度も徐々に高くなっているよう実感しています。替えた理由は、使用方法の工夫に有り、同じものを継続して使い続けた場合の耐性を考慮した点です。フィンペシアが3カ月継続しましたので、次の3カ月は本品に替え、量にも配慮し、3日に1錠にしています。これでも抜け毛は無く、増えている感じがしますので、4日に1錠に替えて実証しても良いかと考えています。3カ月経過したら、再度フィンペシア1日1錠を3カ月継続し、また本品に変更するという使い方をするつもりです。成果を急ぐあまりに、多量を継続的に摂取することは、いずれは効果がなくなり、元の状態に戻ることが懸念されますので、何事も実証実験と思って、長い目で効果を確認しながら、製品の組み合わせ、使用期間を変えることが大切と感じています。