ラミクタール 通販くすりロイヤル
ラミクタールは、抗てんかん薬です。有効成分のラモトリギンを含有しています。 ラミクタールは、脳の神経の過剰な興奮を抑え、けいれん・意識消失などの発作を抑制する薬です。また、抑えることのできない感情の高まりや行動と、憂うつな気分を繰り返す双極性障害における、それぞれの症状を改善します。

ラミクタール(Lamictal)

てんかんは、脳の細胞が過剰に興奮してその刺激が周囲に伝わることで生じます。ラミクタールに含有されている有効成分のラモトリギンは、脳の神経の過剰な興奮を抑えて、刺激が周囲に伝わりにくくすることで、けいれんや意識消失などのてんかん発作を抑制します。感情をコントロールする部分に働き、ノルアドレナリン・ドパミン・セロトニンなどの過度な興奮を起こす物質の産生・放出をコントロールすることにより、抑えることのできない感情の高まりや行動を抑制し、気分を安定させる効果もあります。 ラモトリギンは、中毒性表皮壊死融解症・皮膚粘膜眼症候群・薬剤性過敏症症候群などの全身症状を伴う重篤な皮膚症状が現れることがあります。医師から指示された用法・用量を必ずお守りください。

ラミクタール(Lamictal)効果

てんかん患者の下記発作に対する単剤療法
部分発作(二次性全般化発作を含む) 強直間代発作 定型欠神発作 他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の下記発作に対する抗てんかん薬との併用療法
部分発作(二次性全般化発作を含む) 強直間代発作 Lennox-Gastaut症候群における全般発作
双極性障害における気分エピソードの再発・再燃抑制

ラミクタール(Lamictal)用法

てんかんに用いる場合
単剤療法の場合(部分発作(二次性全般化発作を含む)及び強直間代発作に用いる場合) 通常、ラモトリギンとして最初の2週間は1日25mg(25mg錠1錠、50mg錠0.5錠、100mg錠0.25錠)を1日1回経口投与し、次の2週間は1日50mg(25mg錠2錠、50mg錠1錠、100mg錠0.5錠)を1日1回経口投与し、5週目は1日100mg(25mg錠4錠、50mg錠2錠、100mg錠1錠)を1日1回又は2回に分割して経口投与する。その後は、1~2週間毎に1日量として最大100mg(25mg錠4錠、50mg錠2錠、100mg錠1錠)ずつ漸増する。維持用量は1日100~200mg(25mg錠4~8錠、50mg錠2~4錠、100mg錠1~2錠)とし、1日1回又は2回に分割して経口投与する。症状に応じて適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて1日量として最大100mg(25mg錠4錠、50mg錠2錠、100mg錠1錠)ずつ、1日用量は最大400mg(25mg錠16錠、50mg錠8錠、100mg錠4錠)までとし、いずれも1日1回又は2回に分割して経口投与する。

ラミクタール(Lamictal)商品別名(日本名)

ラミクタール(グラクソ・スミスクライン)、ラモトリギン(日本ジェネリック、共和薬品工業)、ラモトリギン小児用(日医工、沢井製薬、東和薬品)

ラミクタール(Lamictal)お薬コラム
ラミクタール(Lamictal)100mg わたしは、30年間、うつ病パニック障害を患ってきました。アモキサン、パキシル、ルボックスなど、ありとあらゆる薬を飲んできましたが、いいかなと思うと、すぐにまた元に戻ってしまう状態でした。仕事も評価してもらえる半面、ふとんからでられなくなったりで、信頼を失墜してしまい、せっかく正社員で採用されても・・でした。けれども、このラミクタールは違います。私にぴったりで、多少の副作用も気になりません。 人間らしい生活、楽しみ、喜びを手に入れました。双極性の方、悪い時の波も、良すぎる時の波も、少しで済みますよ。 ラミクタール(Lamictal)100mg 鬱に効くことは確認できた。最初は必要最小限から始めたが、明らかに気分が持ち上がった。私見だが、安易な増量は躁転と胃腸障害を起こしやすくする。よく言われる皮膚障害は今のところ全く無い。 ラミクタール(Lamictal)100mg 僕は、33歳、男。ピアノ教師をしています。 7年ほど前、ふとした事から、自傷行為をしてしまい、 心療内科に通うようになりました。 …しかし、先生は、「はい…はい。お薬出しときますね。」 と、言うだけで、どこか業務的な白々しさを感じました。 …そんなわけで、僕は、本当に親身になって、僕の病気を考えてくれる 精神科医を探して、いろんな心療内科に通いました。 しかし、皆、どこか冷たい先生ばかりで、 心は癒されず、僕の病名だけが、増えていくばかりでした。 大うつ病…統合失調症…社会不安障害…などなどです。 しかし、去年、ようやく僕の心を救ってくれそうな、お人好しの 素晴らしい先生に出会いました。 僕には、てんかんの持病があるのですが、それ以外に、双極性障害の可能性を、 その、頼れる先生は示唆しました。 …ところで、僕にはこの頃、別の悩みがありました。 あろう事か、ピアノの教え子に、恋をしてしまったのです。 高2の女の子です。 …お恥ずかしながら、これが僕の初恋です。 胸があまりに苦しく、切なく、情けないような、恥ずかしいような、 …でも嬉しいような、不可思議な感情が、僕を支配しました…。 さっそく僕は、先生に、このことを伝えました。 …先生は真剣な面持ちになり、思いもがけない言葉が、先生の口から発せられました。 「非常に危険だ。…君の病気は、その子をレイプしかねない。 感情を抑えて、教師として、プロに徹しなさい。」 ……とてもショックでした。僕は、その子を傷つける気など、微塵も無いのに。 でも、確かに…僕には、突発的に過激な事を、やらかしてしまう可能性がありました。 そこで僕は、気を取り直して、この薬の購入を決意し、 気分の波を、出来るだけ抑えようと思いました。 これで、その子とは、教師と教え子の、健全な関係を保てると思います。 …いいんです。その子には、…僕なんかより、もっと素敵な男性と、 一緒になって、幸せになって欲しいから。 さようなら……僕の初恋。 長文、失礼いたしました。 ラミクタール(Lamictal)100mg 双極性II型です。 朝晩1錠ずつ、1年程続けています。 一度3か月ほど1回2錠に増やした時は、全身に非常な痒みの副作用がでたので、1錠に戻しました。 そのかわりに「オリザ(ジプレキサジェネリック)」を晩1錠飲むようにしたところ、 この組み合わせは自分にとってあっているようで、目立った副作用もなく、気分の波も穏やかになっている気がします。 ラミクタール(Lamictal)25mg 病院でもらっていたものと同じ効き目で助かりました。甘くてそのままかんで飲めるのも楽で良いです。リピートさせて頂きました。